読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサーエンジニアの婚活ブログ

草食系ITエンジニアによる、ブライダルネット・パートナーエージェント・IBJの婚活記録です。無事に成婚退会できました!

【祝】ご愛読ありがとうございました!!【完結】

本ブログの趣旨

 このブログは最初は個人的な婚活忘備録としてネットの片隅で生まれ、成婚退会してからは婚活で感じたことを整理しなおしたもの*1です。

 婚活情報はネットでいくらでも手に入るのですが、私はそれらに対して極めて不満でした。「相談所・ネット婚活・アプリ」は上手くいった人・行かなかった人によって評価が両極端になりがちなため、客観的で再現性の高い情報が残念ながらネット上に見当たりませんでした。

 こうした情報は婚活中の男性に役に立つだろうから、私が書くことにしました。そしてブログ今月で総アクセス数が100万突破しました。

 彼女との長めの同棲も始まるしブログ的にも一つの目的を果たせたため、書ききれてない内容もまだまだ残っているのですが、婚活ブログはこれで最後の更新にしようと思います。

記念スクショとりました。更新さぼったため去年に比べるアクセス数は激減... (>_<)
f:id:alexei-karamazov:20170226010940p:plain

本ブログのダイジェスト版

 最後の更新は「アラサーの男が婚活するならこれだけやっておけ」的な本ブログのダイジェスト集として「1.から8.」までまとめました。

1.見た目に投資する

 女性が髪型・メイク・服装で別人に見えるというのはよく聞きますが、男性も同じです。男性も30前後からは見た目や持ち物には金をかけたほうが圧倒的に印象がいいです。→参考記事

真正の美人にはなれなくても十分雰囲気美人にはなれます。

男性でも髪型・眉毛・服装を変えれば雰囲気が全然違います。

2.適切な自信を持つ

 女性は「健全な自信を持つ男性」に対しては優しいですが、「おどおどした卑屈な男性」・「自信過剰すぎて周りが見えていない男性」には冷たいです。卑屈さと自信過剰の中間に位置する適度な自信が必要です。→参考記事1 →参考記事2

「どうせ俺なんて...」的な卑屈な男性はどうやっても避けられます。

3.積極的になる

 男性は恋愛に対して受け身だと「本当にどうにもならない」です。ですが失敗しても卑屈にならず次に進む人はだいたい最後はなんとかなります。→参考記事

同じ非モテ系の中でも「こういう公言して実行するタイプ」はだいたいどうにかなります。

自分の行動パターンの殻を破るのが最初の一歩です。

4.理論武装しない

 恋愛・結婚・育児は「理屈的に正しいからする」のではないです。ですから恋愛で「フェミニズムとか男女平等」とかの「理屈的正しさ」を持ち出してもあまり意味がなく、自分の気持ちを正直に認めた上で、相手を一人の替えの効かないユニークな存在として接するほうが遥かに建設的です。→参考記事

個人的にさざなみさんが憤慨されるお気持ちはよくわかります(涙)。

結婚したい動機は『理屈』ではなく、こうした本能的な理由が大きいと思います。

5.一人で抱え込まない

 婚活は大抵上手くいかないのですが、そこで自分一人で問題を抱え込むとますます悪化します。恋愛経験の乏しい男性はデートプランやファッションを相談できる相手は必須です。→参考記事 

自分一人で考え込むと延々と思考がループして極論しか浮かばなくなります。

周りに助けを求めるのに抵抗がない人は大抵何でも上手くいきます。

6.同士を募る

 婚活の辛さは経験した人にしか分からないため、同士を募ってオフ会が一番癒されました。twitterで話が合いそうな人に絡んでみて声をかけるのを勧めます。→参考記事

婚活のストレスはもはや苦行レベルです。

twitterと婚活とオフ会は相性が異様に良いです。

7.自分一人の生活を充実させる

 「もう自分は結婚できなかった後がないんです」みたいな圧迫感は、余裕のなさが相手に伝わり圧迫感がすごく辛いです。逆に「私は自分一人の生活でも幸せだけど、誰かと一緒だともっと幸せになれる」という姿勢だと人が集まります。→参考記事

余裕と笑顔がある人の周りには自然と人が集まります。

8.自分にあった活動場所を見つける

 パートナーを見つける場として、「ネット婚活・相談所・社会人サークル・合コン・紹介」など多くの手段がありますが、有料の婚活サービスと無料の趣味や紹介とでは全然違いますし、有料のサービスの中でもまた違いがあります。自分にあった場所で活動するのが一番大切です。→参考記事1 →参考記事2

相談所以外にも出会いの場はいくらでもあります。

たとえ婚活スペックが悪くてもやりようはあります。

結びのことば

 私は趣味が読書・座禅の内向き・インドア派なため最初は一人孤独無縁に婚活していました。ですが婚活を機に、ブログ・twitter・オフ会・趣味開拓などいろいろ試してみたら自分の周りの生活に変化が出てきました。

  • 相談所の知人紹介・結婚式の受付・その他イベント参加費でそれなりの謝礼をもらえた。
  • カズさんに誘われて、ツナエモンさん・ネネさん・チョコチップさんとゼクシィの座談会に参加した。
  • 趣味で知り合った人にデートに誘われた。
  • 絵の先生から絵をもらう(予定)。

 結局自分の人生の質を高めるには『自分の殻を破って周りの人と良好な人間関係を築く』というのが大切なんですね!

これまで本ブログをご愛読ありがとうございました。この記事が婚活中の男性に役立ちますように...
f:id:alexei-karamazov:20170226043925j:plain

*1:機会があれば婚活前の瞑想修行時代の話も書いてみたいですが、こちらは需要が一切なさそう。(>_<)