アラサーエンジニアの婚活ブログ

草食系ITエンジニアによる、ブライダルネット・パートナーエージェント・IBJの婚活記録です。無事に成婚退会できました!

真面目系非モテ論

近況報告

 もう9月なんですね、今年中にはこのブログも終わらせたいと思います。ブログのネタ帳として初めたtwitterはもう2100ツィートもたまっています。今月は夏休みもあるため頑張って2100ツィート分のネタを消化していこうと思います(笑)!

 千里の道も一歩からなので、まずは「真面目系非モテ論」から。

真面目系非モテとは

アンナ・カレーニナ〈上〉 (新潮文庫)

アンナ・カレーニナ〈上〉 (新潮文庫)

 以下はアンナ・カレーニナ*1の有名な冒頭からの抜粋です。

『幸せな家族はどれもみな同じようにみえるが、不幸な家族にはそれぞれの不幸の形がある』(レフ・トルストイ

 これを恋愛にも当てはめたらきっと下のような感じでしょう。

『モテるリア充はどれも似たようなものだが、非モテのこじらせかたにはそれぞれに異なる』(SE)

 モテる人は概ね『性格・容姿が良い』のですが、非モテ非モテたる要因って本当に千差万別ですよね。

 ここでは『人間としては真面目なんだけど、恋愛経験の乏しい非モテのことを『真面目系非モテと分類・定義して*2数ある非モテの中でも「真面目系非モテ」に関して考察*3しようと思います。

 私の所属するIT業界にもこの手の男性は腐るほどいるんですよね。(>_<)

真面目系非モテの圧迫感

 そもそも女性が『真面目な男性が嫌いで不真面目な男性が好き』ということではないんですよね*4。だから真面目系非モテのモテない理由は『真面目だから』ではなくて『真面目だけ』だからモテないのでしょう。

 真面目系非モテの男性って大抵、『自分の周りの人・環境を心から信頼し、自分を出して人生をしっかりと満喫・肯定して楽しめてない』ように思えます。

 それって『この人といると素の自分を出せないから窮屈/この人と付き合ってもきっと自分は我慢の連続しないといけない...』的な無意識的な圧迫感を女性に感じさせちゃうんですよね。

 そうなると女性も本能的に『この人と一緒にいても自分の人生は好転しないから逃げなきゃ!!』と感じてしまいます。確かに自分に自信がない人と一緒にいて幸せに過ごすのは難しいですからね。

非モテの恋愛への道

 多分真面目系非モテは、「ありのままの自分を出して、それを他者に受容してもらう」という経験が本人の成育過程において希薄なように思えます。*5

 そうした「成功体験がない」から「心が不安で一杯で素の自分自身を出せない」・「周りを信頼できないから自分の人生に挑戦がなく、結果満足もできないし肯定もできない」んですよね。

 となると真面目系非モテが恋愛するためには、それまでとは真逆の

  • 「自分一人の生活に充実感・満足感・肯定感を持てるように環境を改善すること」
  • 「自分の過去・周りの他人を責めるのをやめ、自分のこれまでの人生を受容すること」
  • 「自分の殻に籠るのをやめ、他者との信頼関係を構築し、相手を受け入れるスペースをつくること」

 的なところからはじめるのがよいのではないかと思います。

 そうした自己充足的な生き方が醸しだす「落ち着きと包容力と品格」は他人から見ても魅力的だと思いますし、なにより私は好きですね。

最後に

 なんだか随分自己啓発系な抹香臭い文章になってしまいました。でも婚活って本当に自分の人生・生き方を見直すよい機会だと思います。

 下のツィートは本当に婚活界の金言だと思っています。

おまけ

 なんと今回の更新で2ツィート分しか紹介できてない!あと2098ツィート紹介するには、1049回ブログを更新しないと*6。(>_<)

*1:そいうやアンナ・カレーニナも恋愛小説でしたね。

*2:『表面的にはDQNや不良のようなあからさまなクズではなく、中学校の校則に過剰適応してしまったような真面目さがあるが、本質的には屑な人間』のことを指すとされる『真面目系クズ』から借用させてもらいました。

*3:こんな「真面目系非モテに真面目に考察する」あたり、「私がいかに真面目系非モテかを立証」していますね...。(>_<)

*4:例えば部署の全員が仕事しているなか、ひとり会社を抜け出してパチンコするような男性を『素敵、結婚したい♡』なんて思う女性はまずいないでしょう。

*5:中・高・大の思春期〜社会人前の時期って本人の人格形成に本当に重大な時期ですね...。

*6:1000回遊べる不思議のダンジョン状態です。