アラサーエンジニアの婚活ブログ

草食系ITエンジニアによる、ブライダルネット・パートナーエージェント・IBJの婚活記録です。無事に成婚退会できました!

お見合い38人目 よるがおさん@パートナーエージェント

婚活疲れ

 最近はかなり婚活疲れを感じます。ウルトラマンでいうならばカラータイマーが点滅している状態です。慢性的に覇気・活気がなく、疲れています。

 最近は休日でなく、コンタクトのない平日の方が自分の中では休みです。ですが疲れが溜まっているので仕事はとても辛いです...。

 女性とのデート中に自分の表情に疲労感がにじみ出ていないかがとても心配です。あの疲労オーラが出ているとどんな女性でも裸足で逃げ出しちゃいますからね。

http://122.200.223.118/shikinou/Raou.png
↑最近夜空に死兆星が見えるようになりました。

最悪のコンディションで

 プロフィールからは、よるがおさんは性格・趣味・容姿いずれの点においても自分の好みの女性ではありませんでした。さらにコンタクト当日は、前日デートの疲れが残っていて体調最悪でした。

 ですがこちら都合のドタキャンなどは許されるはずもなく、辛いなか体に鞭打ってコンタクトに出かけました。

 そもそも、なぜ自分はよざくらさんとのコンタクトを選択したのかが全く分かりません...。

変わっていく印象

 「うん、やっぱり自分の好みのタイプじゃないな!」と会ってすぐに思いました。プロフィール通り容姿・趣味・性格で私の好みとはかけ離れていました。

 ですが彼女と話しているうちに、どんどん印象が変わってきました。幼少期から家族仲がとてもよい環境で育ってきたというプロフィールの意味がだんだんわかってきました。

 まず彼女は、動物やお年寄りや子供の世話をするのが昔から好きなとても優しい女性でした。そして、考え方や物の捉え方がとても前向きで明るい性格でした。そしてだんだん彼女と話していて楽しくなってきました。さらに笑顔がとても素敵でした!

 確かに容姿も私の好みではないですし、趣味も全く合いませんが、結婚して子供が生まれて共に家庭生活を育む上では彼女はとてもよい女性なのは間違いないと思いました。

 結婚10年後に夫婦仲・家族仲がよい関係を気付けるのは、恐らく彼女のような女性なのでしょう。そこまで感じさせた女性は初めてでした。

変化する理想像

 私も婚活を始めた当初は、「美人で稼ぎの良い女性と結婚したい!」と思っていましたし、40人近い婚活女性と会ってくる中で実際に「美人で稼ぎの良い女性」とお会いすることも、交際することもありました。

 ですがそうした「綺麗で男性並みに稼ぎのある女性」というのは、本人の能力も高く、また昔から男性のアプローチを多く受けてきたからだと思うのですが、基本性格がキツイです。

 そもそも、私は休日にホットケーキを焼いたり、夫婦で一緒に夕飯作ったり、季節の変わり目に一緒に散歩したりするような「ほっこり生活」を理想なんですよね。

 ですから「一緒に自然体でいられて趣味や価値観が近ければそれで十分」と最近は思うようになってきました。経験を積んでよい意味で変わってきたのだと思います。

結局お見送りしました

 結局体力的にこれ以上の交際は不可能なためお見送りとしました。コンタクトのタイミングが違っていれば、変わったかもしれません。こうしたタイミングも含めて縁なのでしょうか

 ですがコンタクト中に第一印象が変わった女性は、お見合い38回目にして初でした。普通は第一印象が悪いと最後までそのままなんですよね...。そういう意味でも非常に印象的な女性でした。

今回のまとめ

ファーストコンタクトに関してごちゃごちゃと書いてきましたが、結局笑顔が結局一番大切なのは間違いないです。