読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサーエンジニアの婚活ブログ

草食系ITエンジニアによる、ブライダルネット・パートナーエージェント・IBJの婚活記録です。無事に成婚退会できました!

不安から承認へ@コミュニケーションセミナー その1

 前回受講してきたコミュニケーションセミナーのメモです*1。講座の形式は、中澤講師の座学です。

セミナー全体の位置付け

 婚活においてコミュニケーションの目的は、「お互いの人となりを知ること」になります*2。そのコミュニケーションは大きく分けて「話す」と「聞く」という要素からなっています。

 自分自身について話すという観点については、「自己魅力発見セミナー」で扱い、相手の話を聞くという観点に関しては「コミュニケーションセミナー」で扱うという位置付けのようです。

 ちなみに、この「コミュニケーションセミナー」が一番席が埋まるのが早く、「自己魅力発見セミナー」は開講するかギリギリだそうです。

不安から始まるコミュニケーション

 まずコミュニケーション全体の前提として、中澤先生が強調されていたのが、婚活の開始地点は「不安」から始まるということです。

 結婚という人生の大きなイベントの一つに向き合うために、婚活中では誰もが不安と緊張でいっぱいになります。

 ですから婚活のコミュニケーションにおいては、全体を通して「お互いの人となりを知ること」を目指しながら、個々の会話の中においては「相手の不安を安心に変えること」を目指すことになります。

 個々の会話の一つ一つにおいては、「私はあななたを承認しています」ということを相手に示すことができればOKです。

 それにより、相手から「この人と話していると居心地がよい」と思われれば大成功です。

http://passagevert.up.n.seesaa.net/passagevert/image/E382BBE382ABE382A4E7B3BB.JPG?d=a0
婚活のコミュニケーションにおけるキーワードは「相手の承認」です。

承認しない会話の具体例

 やってしまいがちなNGな会話の一例です。

NGパターン1 勝手にアドバイス

 会話中女性から求められてもいないのに、自分からウンチクやアドバイスをしだすのはNGです。

女性:「シルバーウィークに沖縄にいってきました。」
SE:「沖縄は行くならグアムのほうが絶対いいでしょう。特にダイビングは沖縄とは比べ物になりませんよ。」
女性:「....」

NGパターン2 途中で自分の話にすり替え

 相手の話を最後まで聞かずに、自分の話にすりかえるのはNGです。

女性:「シルバーウィークに旅行にいってきました。」
SE:「どこに行ったんですか?」
女性:「沖縄です。」
SE:「あー、私だったら沖縄にいくよりはグアムに行きますね。」
女性:「....」

NGパターン3 相手の話への反応が薄い

 相手の話に対してリアクションがないのはNGです。会話というよりは尋問になります。

女性:「シルバーウィークに旅行にいってきました。」
SE:「どこに行ったんですか?」
女性:「沖縄です。」
SE:「何泊したんですか?」
女性:「2泊3日です。」
SE:「だれといったんですか?」
女性:「....」

目指すべき会話の理想形

女性:「シルバーウィークに旅行にいってきました。」
SE:「旅行ですか!どちらにいかれたんですか?」(軽く見つめてうなずく)
女性:「沖縄です、楽しかったですよ。」
SE:「沖縄!楽しかったんですね!」(ニッコリと笑顔)
女性:「2泊3日です。でも帰り台風で大変でした。」
SE:「えっ、それは大変でしたね!」(びっくりして、相手を見つめる)
女性:「でもなんとかギリギリ東京に帰れました。」(女性も笑顔になる)

 上の会話に3つポイントがあります。

 1つ目は「反復」です。「沖縄・楽しかった・2泊3日」など、相手の会話のキーワード・感情をそのまま「反復」することで、「相手への承認」がグッとでます。

 2つ目はリアクションです。会話の要所要所で相手に笑顔を見せたり、見つめたり、うなずいたりします。「ジーっと凝視」はもちろんNGです。

 3つ目は女性の感情をこちらから言葉にしてあげることです。「それは大変でしたね。」「それは嬉しいですね。」など、会話の内容から、女性の感情を積極的にくみ取ってあげます。

最後に

 要するに女性と会話したときに、「SEさんはなんだか、私を受け入れてくれた気がする」と女性から思われれば成功です。

 結局コミュニケーション力とは、「相手への話させ上手」ということが、今回のセミナーでよくわかりました。とくにこの「相手の単語や感情の反復」は単純ながら効果絶大です。

今回のまとめ

コミュニケーションでは、「相手の不安感」を「居心地のよい安心感」に変えるのを目指しましょう。

*1:この記事はあくまでも、講師さんの話の中から私に役立つものを抜粋してまとめたものです。セミナーの正確な内容ではありませんので、気になる方は是非受講してみてください。

*2:人となりがわからないまま話すだけでは、お互いの距離の縮まらないただの雑談にすぎません。