アラサーエンジニアの婚活ブログ

草食系ITエンジニアによる、ブライダルネット・パートナーエージェント・IBJの婚活記録です。無事に成婚退会できました!

読書感想@草食系男子に恋すれば

 久しぶりの雑談です。最近全く婚活してなくて、このブログの趣旨がどんどん見えなくなってきました(笑)

 私は結構周りの人に自分が婚活中ということをオープンにしているのですが、意外に周りの人が優しくてびっくりです。特に女性

 男性の場合は、「おお、まぁがんばれ」とか「オレは35からしようかな...」みたいな反応がほとんどです。
 
 ですが女性は「SE君に今度女の子紹介するよー」とかのケースが結構多いです。お見合いで会う女性よりも、自分の周りの女性の方がずっと優しいです(笑)。

 そして優しいmikeさんに「草食系男子に恋すれば」を教えてもらいました。実際に読んでみたのですが本当に勉強になりました、ありがとうございます!

アハ体験ができました!

 本の内容としては、女性がどのようにして草食系の男性にアプローチするのかというのがメインです。行間に漂う下ネタとアルテイシア(著者)さんのこれまでのダメンズ履歴の話が面白いです。
 
 ですが、私の最大の収穫は、恋愛は理屈でなく感情ということです。いままでも頭ではわかっていましたが、この本を読んで初めて心から納得しました。

 たしかこういうのをアハ体験って呼ぶんですよね!

f:id:alexei-karamazov:20150911233724p:plain
↑「心で理解する」というアハ体験中の人

正しい理屈を唱えてモテない人達

 ネットサーフィンしていると、恋愛に関して憤慨している記事をよく見かけます。fuyu.hatenablog.com
 上のまとめでは、以下のように女性に対して怒り出す男性がでてきます。


理屈とモテを混ぜる不毛さ

 多分こうした考えをしている方は、無意識的に「自分は理屈的に正しいことをしているのだから、女性にモテるはずだ」と考えていると思うんですよ。

 ですが恋愛は理屈でなく感情なんですよね。ですからそうした「理屈的な正しさ」と「女性にモテる」ということの間に関係は全くないです。

 言ってみれば彼らのやっていることは、寿司屋に入って「なんでこの店のメニューにはラーメンがないんだ!」と言って憤慨するようなものです。

 ですから、彼らのやっていることは、「正しい」とか「正しくない」ではなくて、「不毛」なだけです。

 そういう意味では彼らは、「そもそも最初から間違えてすらない」です。

今後への布石

 そんな理屈的な正しさで理論武装するよりも、「女性の感情に対してどうアプローチするかに注力すべき」と思いました。

 次の道筋が見えてきて、読んで心から良かったと思えました。本当mikeさん、ありがとうね♪

今日のまとめ

恋愛において理屈的な正しさを持ち出しても不毛なだけです。

草食系男子に恋すれば

草食系男子に恋すれば