読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサーエンジニアの婚活ブログ

草食系ITエンジニアによる、ブライダルネット・パートナーエージェント・IBJの婚活記録です。無事に成婚退会できました!

凹んだときの対処法@マンツーマンセミナー その3

Q4.  なかなか自分の趣味の話が膨らまないのですが?

 私の質問
 「私は趣味が読書・音楽鑑賞・美術鑑賞など一人でできてしまうことが多いです。その分自分の趣味に関して語っても、お相手の方との話が盛り上がりません。どうしたらよいでしょうか?」

 講師さんの回答
 「男性がよくやってしまう失敗の典型ですね。そもそもコンタクトの場は知識をシェアする場でありません。ですから話す対象を『知識でなく女性』にしてください。『どうして美術がお好きなんですか』『どんなときに美術館に行きますか?』など、会話の方向性をその女性の人となりに繋げてください。

 「それから伝える順番とバランスが大切ですね。一人で行う趣味の話をする場合は、その前に二人でできる活動の話をしてみてくだい。」
 
 私の感想
 美術の話題になったときに、ガンダーラ美術やフィリッポリッピの絵画(下の参考画像)の話をしたことがあるのですが、いつも女性の目が「???」となってしまいました。話題の焦点を美術の知識系にするのは避けないといけません。

Q5.  交際中の女性の欠点が気になってしまうのですが?

 私の質問
 「仮交際中の方に欠点があるのですが、どうしたらよいですか?婚活で見つかる女性は、そういうものとして諦めるべきでしょうか?」

 講師さんの回答
 「問題のないパートナーを探さないでください。問題を一緒に乗り越えられるパートナーを見つけてください。みなさん成婚退会をゴールとして、無駄なく・効率的に・ミスせずに活動をしようとしますが、『成婚退会はゴールでなく、そこからが本番』です。ゴールを目指して効率のみを目指すのではなく、『きちんと相手の方と恋愛』をしてください。」

 私の感想
 この回答もかなりグサッときました。相手が人生のパートナーとして共に歩んでいけるかという観点が欠けたまま、「成婚退会」それ自体を至上目的として婚活してしまうのは確かに本末転倒ですね。

 婚活の目的は、婚活市場で条件の良い方を見つけるのではなく、人生のパートナーとして共に幸せに歩める方を見つけることなのですから。

Q6.  女性受けする自己紹介の書き方を教えてください

 私の質問
 「書類選考の段階で落とされたくないので、入れておくと良い女性受けする『キーワード』などはありませんか?」

 講師さんの回答
 「自己紹介では『キーワード』より、自分の伝えたいこと、話せることが入っているかどうかが大切です。あとはバランスです。インドアな活動/アウトドアな活動、一人でですること/みんなとすること、これらが偏りすぎないのが望ましいです。」

 「ですが、その質問は視点が女性目線に行き過ぎていますね。婚活では万人受けを狙わないでください。自分を殺して万人受けを目指して活動する方は、お断りをされたときに、どうしようもなくなってしまうケースが多いです。」

 私の感想
 これも「交際中の女性の欠点が気になってしまうのですが?」の質問と回答の方向性は似ていますね。効率重視でミスのないように万人受けする「八方美人路線」はよくないとのことでした。その路線で行き過ぎた結果、婚活市場で自分を見失って漂流する方が多いようです。

Q7.  相手にお断りされると凹んでしまうのですが?

 私の質問
 「女性にお断りされると本当に辛いです。そうした場合にはどうしたらよいですか?」

 講師さんの回答
 「婚活ではみなさん誰もが例外なく、お断りされてとても落ち込みます。ですが単に結果に一喜一憂するのではなく、婚活を通じて人として成長をして欲しいです。」
 
 「人とのコミュニケーション・距離の縮めかた・愛情の表現の仕方を婚活を通じて学ぶことができます。これらができるようになると、よい恋愛ができるようになります。

 「私は婚活中の男性には、是非どんどん合コンにいってナンパするよう勧めています。そうしてどんどん恋愛の経験を積んでくだい。」

 「コミュニケーションでは、自分の価値観をオープンにすること、瞬間瞬間の自分の感情を相手に伝えることが大切です。」

 「愛情を表現する際には、バランスをとることが大切です。相手を自分のいいなりにするのでもなく、相手のいうことに自分が無条件に従うわけでもなく、相手を信頼しつつも、必要なときには必要なこと述べる必要があります。そうした愛情の出しかたが恋愛では問われます。

 私の再質問
 「ですが婚活のような特にデリケートな場で、自己主張をしすぎると相手に嫌われてしまわないかが心配なのですが...。」

 講師さんの再回答
 「自分目線で我を通そうすれば、相手との対立になってしまいますね。ですが自分の意見を述べることは、必ずしも相手と対立することでも、場の空気を壊すことでもありませんよ。」

 「相手の目線になって、全員の目線にたって、自分の意見を述べることが必要なケースだってあります。そうしたことができるのが魅力的な男性ですね。」
 
 私の感想
 婚活を単に「交際成立した/しなかった」という結果だけで評価すると、失敗したときには「文字通り0」になってしまい、どうにも身がもたないです

 そこで、婚活を「コミュニケーション・人との距離の縮めかた・愛情の表現の仕方を学ぶプロセス」として捉えているところが素晴らしいです。正直これは完全に予想外の回答で一本とられました。

参考画像

 リッピの描くマリア像です。初めて見たとき、憂いと慈愛に満ちた表情のあまりの美しさに感動してしまいました...。色の配色も本当に素晴らしく、いつ見ても惚れ惚れします。

 やはりどことなく弟子のボッティチェリの描く女性像の面影がありますね。レプリカが5万円位で売ってますが、部屋に是非飾ってみたいですね。

f:id:alexei-karamazov:20150906015816j:plain

 こちらがガンダーラ美術の釈迦牟尼像。県外のお寺までわざわざ見に行きました。実物は意外と小さいです。

http://lost-in-jungle.up.n.seesaa.net/lost-in-jungle/image/24808.jpg?d=a0